FC2ブログ

下手の横好き

イタキスに再びどハマりし、タイトル通り小学生の作文以下の文章力で無謀にも二次小説を書いているチャレンジブログです。

BREATHE

またもスキマです^_^;嫉妬事件からの仲直り直後です。物凄く短いですが、書けたものから出していきます。部屋に一人。音も無く、明かりもカーテンを引いていない窓から入る月光のみ。そこにカチャっとドアが開く音がして、ペタペタと足音が近づいて来る。それでも、背を向けたまま窓から視線を外さずいると背後から抱き締められた。「何考えてるの?」「反省してた」「反省?入江くんが?」意外そうに言われて苦笑いする。「俺だっ...

続きを読む

結婚前夜

1993年11月20日、結婚式を目前に控えたイリコトそれぞれの夜です。中々まとまらなくて苦戦しましたが、どうしても今日中に出したくて頑張りました。いつも以上に荒いです(;^_^A心意気だけ汲んで下さい(笑)部屋に戻ると、そのまま真っ直ぐベッドにダイブしてボフッと沈む。今、お父さんに嫁入り前の挨拶を終えて来た。お父さんの前に座った時点で涙が止まらなくて泣き通し。感謝の思いがどれだけ伝わったか分からないけど、...

続きを読む

REC

今年最後の更新は原作スキマで、1996年12月31日のお話です♪てっきり裕樹だと思って玄関に飛び出したら、先に戻ったのは琴子ちゃんとお兄ちゃんだった。お兄ちゃんは何も言わずに足早に階段を上って行く。新年を迎えたのに愛想もへったくれも無い息子の背中に声を掛けた。「パパと相原さん酔ってるからお風呂朝にして貰ったから先にいいわよ」「俺たちも朝でいい」それだけ言ってまたさっさと階段を上って行く。必要最低限...

続きを読む

妄想暴走族

酷いタイトルに「何だ?」と思われたかと思います。一応、1999年の骨折入院の時のスキマになっておりますがタイトル通りなので、どんなにくだらない事でも笑って許せる方のみお進み下さい。「ナースと患者か。このシチュエーションって、イヤらしくていいな」まさかこんな言葉を入江くんの口から聞く日が来るとは思わなかった。先程から鼓動は煩く、仕事中という事も忘れてこのままどうにかなってしまいたいとすら思える。「琴...

続きを読む

Gift

琴子5回生の戴帽式のお話です。イリコト無しのモトちゃんと啓太のみになっております。「何度見ても素敵」ロッカーの鏡に映る自分の姿にうっとりとする。今まで着ることが出来なかった実習用のナース服に、待望のナースキャップ。まさに白衣の天使じゃない。こんなに誰よりも似合うのに、間違って男の体に生まれたばかりに弾かれるなんて不公平だわ。「悦に浸ってる所悪いけど、早く着替えろ。それが出来ないなら俺は先に帰るから...

続きを読む

続・妄想暴走族

妄想暴走族の続編なので一応スキマのカテゴリーに入ってます。そして、鍵が付いてない時点で皆さんお気付きだと思いますがその程度のお話になっております(笑)「一回家に帰るけど、何か必要なものある?」引き継ぎを終えて病室に顔を出すと、「無い。てか、来なくていい。明けだろ」と言われてしまった。が、『はい、そうですか』なんて言う訳ないじゃない。「ダメっ!他のナース…あたし以外のナースに入江くんのお世話させたく無...

続きを読む

♂と♀の方程式

書き尽くされてる感は否めないですが、一回生のバレンタインデーのお話です。あと今回のタイトルは、昔こんなタイトルの漫画あったの思い出して付けちゃいました(;^_^A2017.2.15オマケ追加しました。ゆっくり覚醒すると、既に外は明るくブラインドから光が漏れている。そして、コーヒーの香り。ん?コーヒーの香り⁇「あっ、入江くん起きたんだ。おはよう」マグカップを二つ持ち琴子が、こちらに歩いて来る。昨日貸したオーバーサイ...

続きを読む

グレーゾーン

気分転換にスキマです。1996年、大学六回生のお話となっております。「あら?ご機嫌じゃない」「うふふ、分かる?」「何よ、気持ち悪い」「理加ちゃん、ご両親お迎えに来たの。それと、入江くんとのファーストキスもね、聞いてた感じと違かったの〜」凄いロマンチックなファーストキスだったと聞かされていたが、実際は入江家の玄関先で不意打ちだったと分かったのだ。「へぇ。まあ、良かったじゃない」口ではそう言いつつもつ...

続きを読む

走り出すその前

本日、ブログ開設一周年を迎えました。飽き性な方なので一年続けられた事が嬉しくて、嬉しくて。とは言え、まだ一年。桜草はまだ未完。続きに四苦八苦して中々更新出来ずにおりますが、連載は最後まで頑張るつもりですので引き続きお付き合いお願いします^ ^そして、ささやかながら『読んで下さる皆様に感謝ウィーク』と題しまして(笑)今週は投稿サイト様に投稿したお話をブログに掲載したりと色々企画しておりますので、また覗い...

続きを読む

暴走の後始末

続きを読む